Month: 12月 2016

赤ちゃんの便秘、なんとかしてあげたい!

最近、娘がよく便秘で泣くようになってきました。おなかを見てみると、ポンポコになっていて、ああこれは便秘だな…とすぐわかります。

新生児のころは腸が未発達で、一日のうち10回も20回もウンチをするんですよね。

(当時里帰り中だった私は、家の中で一日中、授乳とおむつ替えばかりしていました。24時間体制だったので、疲労がたまっていました…)

そのうち、腸が段々発達してくると、ウンチの回数も減ってきます。

すると次第に外出もできるようになり、気持ちにゆとりが出てきましたね。まだまだ数時間おきに授乳があるので、行く場所は限られますが。

この、腸が発達していく段階で、赤ちゃんは便秘になりやすいそうです。

おなかが痛いのか、苦しいのか、ワンワン泣くので困ってしまいますよね。

おへそを中心に時計回りにぐるぐるマッサージしてあげたり、脚を持って自転車こぎ運動をしてあげたりして解消してました。

それでもだめなら、砂糖水ですね。

ごくごく薄ーい砂糖水なので、砂糖の分量はほんのひとつまみほどしか入れないのですが、飲ませるとてきめんに、おなかからゴロゴロ音が聞こえてきます!

砂糖水はあまりたくさん飲ませちゃいけないので、最終手段にしましたが、これにだいぶ助けられましたね!

赤ちゃんとおでかけしたい。ママもリフレッシュ!

赤ちゃんがいると、なかなか遠出が出来ないですよね。

近所のスーパーなら、外出時間が短いのでいいのですが、半日以上の外出となると、おむつ、ミルク、着替え、タオル…それはもう、フル装備が必要になります!赤ちゃんだけでも米袋もってる気分なのに、この荷物の多さ…抱っこで歩くとゲッソリですよね。

でも、最近は赤ちゃん歓迎のお店も増えましたよね。レストランでも、「離乳食も用意してます!」とか、「キッズスペースあります!」とか。

カラオケもママ向けサービスのあるお店もありますし。ショッピングモールなんかも、授乳室がたくさんあって助かります!

宿泊施設もいいところが増えました。おむつのゴミ箱が各部屋に完備されていたり、ベビーぶとんを貸してもらえたり。

いま、ママは自由になりつつあります!どこに行っても、家にいるのと同じように過ごせます!

首がすわるまではちょっと大変ですが、首がしっかりしてきてからは、ちょこちょこ外出してました。

ベビー服を見るのも楽しいですしね。もう、着せ替え人形かのように楽しんでます。(あ、でもそんなにリッチじゃないので、お下がりもいっぱいあります)

ママがイライラしてると、赤ちゃんにとってもよくないと思います。ほどほどに息抜きも大切だなーと思いました。

鼻の詰まりが治らない!

生後3か月の息子がもう3週間ほどになるでしょうか、鼻の詰まりが治りません。

急に鼻がぐずぐずいいだし、特に鼻水が垂れてくるわけでもないですがとても苦しそうでした。

友だちにもらった鼻吸い器を使って鼻水を吸ってみるもなかなかうまく吸えず…。

私の吸う力が弱いのかな、と夫にも吸ってもらいましたがほんの少し吸えるだけでやっぱりぐずぐずは止まりません。

夜寝ているときも夜中にぐずぐずいいだし、呼吸が苦しいのか起きてぐずってしまいます。

おっぱいを吸うときも鼻で呼吸をしにくいからか、ふがふが言いながらおっぱいを吸いこれまた苦しそう。

どうしたらいいのか…とインターネットで調べてみると母乳を鼻に入れるとよく鼻が通るとのこと。

試しに母乳を鼻の中に入れてみると鼻水がさらに出やすくなった気がしたので、そこを狙って鼻吸い器で吸ってみるといつもより良く吸えました。

でもやっぱり鼻はぐずぐず。

かかりつけの小児科で診てらうと鼻かぜとの診断。

シロップタイプの薬をもらって2週間飲み続けたけど鼻の詰まりは治りません。

今は予防接種が頻繁にあるので、そのついでに鼻を吸てもらっていますが一日経つと鼻はぐずぐずです。

そんな息子を見ているととてもかわいそうです。

6か月になりました

最近は喜怒哀楽がよくわかるようになりました。

私の後追いも見られ、

ちょっとでも姿が見えないと大泣きします。

私のお風呂の時間、旦那がどんなにあやしても

ギャン泣きしているのがお風呂まで聞こえてきます。

音のするおもちゃやTVに興味いっぱいで

お気に入りは「おかあさんといっしょ」

歌にあわせて体を動かしてあげると喜びます。

オッパイを飲んでいる途中でも

ニュース速報の”ピロリロン・・ピロリロン・・”というような

高い音が聞こえると

音がすると乳首をくわえたままTVの方に振り向くので

なるべくオッパイの時はTVを消すようにしています。

お座りができるようになり、

手をつかんでいると自分で立ち上がろうとするようになりました。

でもハイハイはまだです。

離乳食を1週間前くらいから始めました。

最初はおかゆを炊いて、茶漉しで漉してとろとろにしたものを

恐る恐る口に運んだのですが・・

あっと言う間に食べて

もっとくれ・・と口を開けて前のめりになるではないですか・・。

アレルギーなどの関係から離乳食は遅い方がいいように

聞いていたので、遅らせたんだけど

こんなに欲しがるなら、早く始めればよかったかも・・と反省しながら

初めての離乳食は大さじ2杯の重湯を飲んで終了。

少しずつ量を増やしているけど

いつも完食しています。

お味噌汁の上澄みを薄めたものとか、カボチャのペーストとかも

あげてみました。

お味噌汁は喜んで飲んだけど、カボチャはあんまり・・。

こんなに小さくても好みってあるのかなぁ・・。

離乳食を作るのって大変そうだけど、

市販のものも利用しながら、ぼちぼちやっていきます。

そうそう湯冷ましのりんごジュースも飲むようになりました。

今まで飲ませてませんでした。

麦茶は嫌がって飲みません。

あまり甘いものばかりに慣れさせるといけないともあるけど。。

まぁ神経質にはならずに頑張りまーす。

大好きな赤ちゃんの寝顔

赤ちゃんて毎日どんどん顔が変化していくから不思議です!

最初は夫にそっくりだったうちの息子は、1週間後には完全に私の顔になりました。

当時の写真を見ると、1日ごとの変化があまりに大きくてビックリします。

出産前に新しいスマホを購入しました。

それまで使っていた物よりも容量が多い機種。

そのタイミングで買い換えておいて本当に良かったです。

何故なら赤ちゃんはシャッターチャンスがとっても多いから!

生まれて間もない時期は特に、毎日毎日息子の写真を撮りまくっていました。

おかげでスマホの写真データはどんどん溜まっていったけど、どの写真も宝物になりました。

赤ちゃんは笑った顔がかわいいのももちろんですが、私がハマったのは寝顔でした。

安心しきって寝ているまん丸の顔を見ていると、何よりも癒しになります。

寝顔にハマって毎日長時間見ていた私は、ひどい寝不足になっていました。

赤ちゃんが0歳のうちはなかなかまとまった睡眠がとれません。

それなら寝られるチャンスがきた時に寝ればいいのに、私は息子の寝顔ばかりを眺めていたのです。

体はしんどかったけど、とても幸せな時間でした!